みんなで幸せに

生きてると愚痴もたまる。私でいいなら聞きますよ!

劣等感は必要ない NLPがあなたをお金もちにする

人間誰もが劣等感を持っています

全ての分野において、どんな時でも誰よりも優れていることは不可能です

さて、お金持ちになり成功するからといって全ての事に優れている必要はあるのでしょうか

・自信満々に見える人でも何かの分野では劣等感を感じているはずです
・ものすごく頭が良くても仕事では要領が悪い人もいます
・一流アスリートでも勉強では勝てないこともあるでしょう


喪失感や挫折感という感情、いわゆる落ち込むという感情の多くは何かと比べることから生まれます
そして、何かに劣っていると感じることが挫折感を引き起こしているのです

NLPのアウトカム志向で考えていくと、リソースとしての活用方法が見えてきます
「お金持ちになり成功する」というアウトカムを設定したとします
そして、アウトカムに向かうことだけに焦点をあてます

現在の状態と理想の状態(アウトカム)のギャップ(差)は?

そのギャップを埋めるべく成功に必要なリソースと関係のない分野では
あなたが誰かに比べて劣っていたとしても、落ち込む必要はないですね?
だって、その分野の自分の能力値については気にする必要すらないのですから

NLPを学び、アウトカム志向モードを手に入れれば、アウトカム達成に必要なリソースに関連しない分野では比較をしなくなります
つまり、そこに焦点を当てることすらなくなります

では、アウトカム達成に必要なリソースに関連する分野で自分より優れている人たちを見つけた場合はどうでしょうか?
気になりますよね
ですが、落ち込む必要はないのです
アウトカム達成に必要なリソースを獲得する為に比較するのです
NLPを使うのであれば、自分より優れている人をモデリングすることでギャップを埋める為に
チャレンジにすることができます


「学ぶは、真似ぶから」


自分より優れている人を真似て、優れた結果を出している人の戦略を抽出し、違いを生む違いを見つけましょう
劣等感を感じてマイナスなステートになり、成功から遠ざかることのないように対処していきましょう

NLPを学べば可能です

NLPを一緒に勉強しましょう!