みんなで幸せに

生きてると愚痴もたまる。私でいいなら聞きますよ!

「愚痴」は言う

 

あなたは愚痴を言いますか?  言いませんか?
「愚痴は言っても始まらない」
いや、そうでもないかも
所詮、愚痴ですが身体や心に支障をきたすこともあるかもしれません
時間と場所をわきまえなさい
これっていろんな場面で聞きますよね
愚痴を言うにも大切なことです
そして、一番ネックになるのが言う相手です

時間:仕事(学校)が終わってから
場所:飲食店など個室
相手:信頼している(分かり合える)人、共感してくれる人

どんな場所でも不平不満を言っている人は、周囲にも嫌な思いをさせますよね
だけど、時間が経つと周りからも「この人はこんな人なんだ」と不思議ち気にしなくなるもんです
そして、本人も気がおさまるでしょう
逆に愚痴も弱音も吐かない人は真面目で責任感が強い人に多いようです
自分の中で抱え込んでしまうタイプなので、これこそ心配です
後者が絶対善人なのに不思議ですね
家庭の時間よりも仕事の時間が大幅に多いのですから
たまには愚痴の一つもこぼすべきです